[トップ] [星新一お宝写真館]

ウインクホシヅル 生島次郎さん「星になれるか」 ウインクホシヅル
生島次郎さん「星になれるか」表紙
☆生島次郎さん「星になれるか」☆

「星になれるか」は、生島次郎さんの自伝的作品。

 早川書房の元編集者である主人公・越路玄一郎が、作家を志し、直木賞を受賞、さまざまな作家や編集者など(すべて実名)との交流、薬物中毒と離婚を経て、自分の作家としての道を見出すまでの半生を描いています。

 星さんは、主人公が第3作「黄土の奔流」で直木賞を逃がす場面にちょっぴり登場。

 星さん以外の登場人物は、野坂昭如氏、吉行淳之介氏、小松左京氏、色川武大(阿佐田哲也)氏など。

 生島さんと「黄土の奔流」については、「きまぐれフレンドシップ1」-「生島治郎−冒険小説の最高傑作」を。

(さすらいびとさん談)

[トップ] [星新一お宝写真館]

広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー