[トップ] [ひみつリサーチ1001]

居眠りマロ 『ノックの音が』文庫新旧対照表 温泉マロ
イヒチオールさんによる調査。

『ノックの音が』の講談社文庫と新潮文庫とを照合したところ、結構、手直しがされていました。
 こんなに細心の注意を払う作家なんかいるものか! 結果として、命を縮めた原因かもしれないね。
 こうまで、読者の気持ちになって下さるのかと思うと自然に涙が・・・。(イヒチオールさん談)

講談社文庫 新潮文庫
講談社文庫『ノックの音が』 新潮文庫『ノックの音が』

解説・石川 喬司氏

さしえ・村上 豊氏

自筆年譜つき(昭和55年6月)

1972年(昭和47年)8月15日第1刷発行

あとがき(昭和60年8月)

カット・真鍋 博さん

1985年(昭和60年)9月25日発行

「なぞの女」
P7 『謎の女』 P7 『なぞの女』
P7 高級なアパート P7 高級なマンション
P7 商業美術 P7 商業デザイン
P7 「ああ」 P7 「ああ・・・・・・」
P10 手帖とか P11 手帳とか
P10 多くも少なくもない P12 少なくも多くもない
P13 からだの匂い P14 からだのにおい
P15 「あなたはどなたなのですか」 P15 「ぼくがだれだか、ご存知なんですか」
P17 様子が変 P18 ようすが変
「現代の人生」
P19 懐中電灯の持主 P20 懐中電灯の持ち主
P20 黒メガネ P22 サングラス
P20 ヒモを出し P22 ひもを出し
P27 黒めがね P28 サングラス
P27 お開けします P28 おあけします
P27 山下友彦さんの室 P29 山下友彦さんの部屋
「暑い日の客」
P29 雰囲気 P31 ムード
P29 室内は P31 室内は、
P30 黒メガネ P32 黒眼鏡
P30 気を落着けて P32 気を落ち着けて
P30 メガネも。 P32 眼鏡も。
P32 剃りあと P34 そりあと
P33 気持 P35 気持ち
P33 不安げな雰囲気 P35 不安げな印象
P33 信頼感を与える P35 信頼感をいだかせる
P36 妙な取合せ P38 妙な取り合せ
P36 唇 P39 くちびる
P33 このつぎの時 P36 この次の時
「夢の大金」
P40 あまり上等な造作ではない。 P43 立派な家とはおせじにもいえない。
P40 淋しい境遇 P43 さびしい境遇
P41 探してもみた。 P44 さがしてもみた。
P41 叩き方 P44 たたき方
P41 開けますよ。 P45 あけますよ。
P42 「電報ですよ」 P45 「おとどけ物ですよ」
P42 電報をくれそうな P45 なにかをくれそうな
P42 こんな電報配達 P45 こんな配達員
P42 「電報はどこです」 P45 「品物はどこです」
P42 電報をお打ちになりませんかという、 P45 配達したい品物はありませんかという、
P42 電報とでも言わなければ、開けてはくれまい。 P45 そうでも言わなければ、あけてはくれまい。
P43 邪魔した P46 じゃました
P43 目算ちがい P46 計算ちがい
P43 ゆかいな話だ。 P46 愉快な話だ。
P46 淋しく感じ、 P49 さびしく感じ、
P47 石油 P49 石油缶
P48 それは私のだ P50 それはわたしのだ
P50 高級養老院 P52 高級老人ホーム
P50 謎の P52 なぞの
P50 私の P52 わたしの
「金色のピン」
P52 となりの室の P54 となりの部屋の
P52 食堂や P54 ロビーや
P52 といった様子の P54 といったようすの
P53 受取り P56 受け取り
P53 室の中央 P56 部屋の中央
P53 「五千円あればいいんですけど・・・・・・」 P57 答えがあり、
P54 五千円札を P57 高額紙幣三枚を
P54 持主 P57 持ち主
P54 這いまわる P57 はいまわる
P55 気持 P58 気持ち
P55 自分の室 P58 自分の部屋
P55 非難するような P58 批難するような
P55 謎めいた P58 なぞめいた
P55 いまの五千円は P58 いまのお金は
P56 曾根昭男さん P59 曽根明男さん
P56 デート P59 デイト
P56 ガール・フレンド P59 ガールフレンド
P56 控え目に P60 ひかえめに
P56 様子 P60 ようす
P57 手頃な P60 手ごろな
P57 気持 P60 気持ち
P60 噂 P62 うわさ
P60 開けてくれ P62 あけてくれ
「和解の神」
P61 室 P64 部屋
P61 様子 P64 ようす
P62 この旅館の女中 P65 この部屋の担当の女性
P63 どうでもいいことなのだろう。【文章の追加】 P66 いくらかのチップを渡した。
P63 共稼ぎで、 P66 共ばたらきで、
P64 使い途 P67 使いみち
P64 出てゆくわよ。 P67 出ていくわよ。
P65 参ります、 P69 まいります、
P67 女中の給仕は断わり、 P71 給仕はけっこうと断わり、
P67 淋しさ P71 さびしさ
「計略と結果」
P71 叩く音 P75 たたく音
P71 人当たりがいいので P75 人当たりがいいので、
P72 ふくらはぎだった。 P76 ふくらはぎの部分。
P79 無資格のもぐり医者の P84 無資格の医者の
P80 開けないと、 P84 あけないと、
P81 溜息 P85 ため息
「職務」
P83 守衛 P87 警備員
P83 ヨロイ戸 P87 シャッター
P83 この守衛室 P87 この部屋
P83 守衛としての P88 その担当者としての
P84 今まで P88 いままで
P84 鋲でとめたタバコの空箱に P88 テープでつけた、板に描いた的に、
P84 今ごろ P88 いまごろ
P84 ラ・メールとは P89 ”ラ・メール とは
P85 この守衛室 P89 この部屋
P87 噂 P91 うわさ
P87 他の会社 P91 よその会社
P87 壁に鋲でとめてあるタバコの箱を見つけた。 P92 壁の板を目にした。
P88 開け方 P93 あけ方
P89 取引 P93 取引き
P90 ヒモ P94 ひも
P92 守衛 P97 警備員
「しなやかな手」
P93 アパート P98 マンション
P93 揃えてあり、 P98 そろえてあり、
P93 ハイファイ・セット P98 ステレオのセット
P93 一隅には P98 すみのほうには
P94 ノゾキ穴 P99 のぞき穴
P95 【文章の追加】 白くデリケートな、しなやかそうな指との対照が異様な雰囲気を P100 先端についているのは消音器か。白くデリケートなしなやかそうな指との対照が、異様なムードを
P95 ハイファイ・セットに P100 ステレオのほうに
P98 割切って P103 割り切って
P101 芝原という人 P106 芝橋という人
P101 生ける屍ね。 P106 生ける屍。
P101 噂 P106 うわさ
P101 落着いている P106 落ち着いている
P101 残り少い。 P107 残り少ない。
P102 あのハイファイだ。 P107 あのステレオだ。
P102 廻り出す P107 回り出す
P102 廻っている P107 回っている
P102 室のすみに P108 部屋のすみに
P102 仕掛け P108 しかけ
P103 ハイファイを P109 録音を
P104 開けてしまう P109 あけてしまう
「感動的な光景」
P105 叩かれたのだ。 P110 たたかれたのだ。
P106 噂 P111 うわさ
P107 このお邸 P112 このお屋敷
P108 探しますけど、 P113 さがしますけど、
P108 二万円が P113 謝礼金が
P108 二万円という金は、 P113 使用料などという点は、
P108 どうということもない額 P113 どうでもいいこと
P109 参ります。 P114 まいります。
P109 おへや P114 お部屋
P110 物語 P115 物語り
P110 受取ろうと P115 受け取ろうと
P110 盛上げて P115 盛り上げて
P111 撮影機を取出し、 P116 ビデオカメラを取り出し、
P111 フィルム代もばかになりませんし、 P117 編集に手間がかかりますし、
P112 様子をうかがい、 P117 ようすをうかがい、
P113 二万円が入っていた。 P119 たしかに入っていた。
P114 溜息 P120 ため息
「財産への道」
P115 叩かれた P121 たたかれた
P115 悠々と P121 ゆうゆうと
P119 「第一、 P126 「だいいち、
P119 参りたかった P126 まいりたかった
P119 カバンを開け、 P126 カバンをあけ、
P119 揃えたもの P126 そろえたもの
P121 借り廻った P128 借り回った
P121 数十万円もした P129 普通の会社員の半年分の給料ぐらいの金がかかった
「華やかな部屋」
P126 『華やかな室』 P132 『華やかな部屋』
P126 アパート P132 マンション
P126 画の趣味 P132 絵の趣味
P127 この室 P133 この部屋
P127 鍵をはずしドアを開けると、 P133 ロックをまわしドアをあけると、
P128 手を廻した。 P134 手を回した。
P128 唇 P134 くちびる
P129 扉を開けた。 P136 扉をあけた。
P130 服の匂い P136 服のにおい
P130 淋しくて P136 さびしくて
P131 ホルモン剤 P138 精力剤
P131 断り文句 P138 断わり文句
P133 「へやを P140 「部屋を
P133 探します」 P140 さがします」
P134 お友達 P141 お友だち
P134 精博 P141 精神薄弱
「唯一の証人」
P137 揃っている P143 そろっている
P139 そんな噂 P147 そんなうわさ
P140 がんばってちょうだいね・・・・・・」【文章の追加】 P147 がんばってちょうだいね」「もちろん・・・・・・」
P140 仕方なく P148 しかたなく
P141 廻されてきた P148 回されてきた
P143 といった様子 P151 といったようす
P146 一芝居うってみたのだ。【文章の追加】 P153 一芝居うってみたのだ。ポケットのなかに小型のレコーダーをしのばせてね。
「盗難品」
P147 アパート P155 マンション
P147 悠々と P155 ゆうゆうと
P149 落着いた P158 落ち着いた
P149 三千円ほど P159 紙幣が何枚か
P151 室 P160 部屋
P151 取戻したい P160 取り戻したい
「人形」
P157 室の一隅 P167 部屋の片すみ
P158 窓ガラスを閉め P168 窓ガラスをしめ
P158 開けておいても、 P168 あけておいても、
P159 かすかな匂い P170 かすかなにおい
P160 老婆 P171 老女
P160 罠 P171 わな
P162 狂女なのだろうか。 P172 精神がおかしいのだろうか。
P163 狂女にまちがいない P173 頭がおかしい
P164 探すのが P174 さがすのが
P164 湧きあがった。 P174 わきあがった。
P164 扮した自分。 P174 扮装した自分。
P165 受取ったが、 P175 受け取ったが、

[トップ] [ひみつリサーチ1001]

広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー