[トップ] [ひみつリサーチ1001]

ウインクホシヅル ハヤカワ文庫JA ジャンプホシヅル
星さんの作品集(文庫)といえば、背表紙が黄緑色の新潮文庫を思い浮かべるが…。


ハヤカワ文庫JA
 九条ゆやさんから本をいただきました。お礼を申し上げます。
ありがとうございました。

九条ゆやさんの星新一サイト「天上所有的星」へ

 早川書房のハヤカワ文庫JAシリーズです。のちに新潮社(新潮文庫)からも出版されますが、その際、『ボッコちゃん』などと重複する作品が多少省かれています。くわしくは新潮文庫各巻の「著者よりひとこと」を。

『悪魔のいる天国』 ・・・ 昭和48年7月31日発行。装幀挿絵・真鍋 博さん、解説・小野 耕世氏 「星新一氏のいる地球」
『妖精配給会社』 ・・・ 昭和48年7月31日発行。装幀・真鍋 博さん、解説・小野 耕世氏 「コンペイトウのなかの妖精」

ハヤカワ文庫JA「悪魔のいる天国」「妖精配給会社」表紙
( 画像クリックで拡大 )
※ ハヤカワ『妖精配給会社』では、「沈滞の時代」「ある戦い」「おみやげを持って」が《タイム・カプセル》3部作として目次に記されています。『真鍋博のプラネタリウム』に収録のイラスト「三つの劇的なカプセル」は、この3部作のためのものです。

『宇宙のあいさつ』 ・・・ 昭和48年10月15日発行。装幀・深沢 幸雄氏、解説・豊田 有恒氏 「星新一の世界」
『冬きたりなば』 ・・・ 昭和48年10月15日発行。装幀・深沢 幸雄氏、解説・平井 和正氏。

ハヤカワ文庫JA「宇宙のあいさつ」「冬きたりなば」表紙
( 画像クリックで拡大 )

『午後の恐竜』 ・・・ 昭和49年月3月15日発行。装幀・深沢 幸雄氏、解説・山野 浩一氏 「観念の小説としての星作品」
『白い服の男』 ・・・ 昭和49年7月15日発行。装幀・深沢 幸雄氏、解説・高斎 正氏 「プロ作家の鑑」

ハヤカワ文庫JA「午後の恐竜」「白い服の男」表紙
( 画像クリックで拡大 )
※1 『午後の恐竜』の著者よりひとこと
『「午後の恐竜」は、これまで早川書房のポケット版の本で出されていた。今回、文庫で出すこととなった。しかし、ポケット版はニ段組み、文庫は一段組み、むりに一冊におさめると、あまりに厚くなりすぎ、文庫版の特徴が失われてしまう。
 そこで、二冊に分けることにした。すなわち、ポケット版の時の半分を収録したのが本書である。あとの半分は、同じ文庫で「白い服の男」という書名にして近日発売の予定です。』

『進化した猿たち1』 ・・・ 昭和50年4月30日発行。星さんの「あとがき」
『進化した猿たち3』 ・・・ 昭和50年5月20日発行。星さんの「あとがき」

ハヤカワ文庫JA「進化した猿たち3」「進化した猿たち1」表紙
( 画像クリックで拡大 )

『夢魔の標的』 ・・・ 昭和48年3月15日発行。装幀・真鍋 博さん、解説・石川喬司氏 「ホシ氏のひみつ」(解説は早川「世界SF全集28」にも収録)
『進化した猿たち2』 ・・・ 昭和50年5月15日発行。

ハヤカワ文庫JA「夢魔の標的」「進化した猿たち2」表紙
( 画像クリックで拡大 )

※特筆すべきは、ハヤカワ「悪魔のいる天国」。新潮とは別バージョンの真鍋さんのイラストを見ることができます。

「肩の上の秘書」
ハヤカワ文庫JA版「肩の上の秘書」イラスト
「合理主義者」
ハヤカワ文庫JA版「合理主義者」イラスト

[トップ] [ひみつリサーチ1001]

広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー