[トップ] [ひみつリサーチ1001]

ウインクホシヅル 星鶴 ジャンプホシヅル
星さんのシンボルキャラクター。


星鶴とは?
※ 「星鶴」ウインクホシヅル(←これ)は星さんのマスコット、シンボルのような生物で、
色紙にサインするのが苦手な星さんが苦しまぎれに生み出したもの。

これは何の鳥だ?と訊かれるたびに「ツルだ」と答えていたら、
いつのまにかSF仲間によって「星鶴」と命名されていた、とのこと。

『』は星さんの文章から引用。

『うみの親の私が説明するが、未来における、進化したツルの姿なのである。

 うまいものを食いたがるので、口が発達してくる。交通が便利になり、歩かなくなるので足が退化した。したがって、運動不足により、ふとってしまったのだ。

 重くなり、もちろん飛ぶことは不可能。しかし、なぜ飛ぶ必要がある。じっとしていても、事件はすべてテレビが見せてくれる。テレビの見すぎで、目が大きくなってきた。雑然たる情報がむやみと入ってくるので、頭だって大きくなるさ。大きくてなにかがつまっているといっても、それは頭がいいというのと別である

 このツルは行動しない。どう動いていいのかわからないのだし、動こうにも歩けも飛べもしないのだ。ただ沈黙している。

「アサー」と叫ぶ才能もない。食ってテレビを見るだけのこと

 生きてたってしようがないだろうが、あいにくとツルは千年の寿命を持ち、そうあっさりとは死なない。そのくせ、体内には有害物質が蓄積されており、食用にならぬとくる。このツルの存在の理由はなんであろうか

 と書くともっともらしいが、すべてあとでくっつけた理屈である。』

「きまぐれ暦」(新潮文庫)の「星鶴の由来」より。

 ※星さん他、星鶴の直筆イラストは「星新一お宝写真館」→「星鶴イラスト」へ。写真提供はホシヅルさん。

[トップ] [ひみつリサーチ1001]

広告 [PR] 再就職支援 スキルアップ アルバイト 無料レンタルサーバー